大阪など都市部の老人ホームの現状と評価

老人ホーム

現代の老人ホームとは

老夫婦

大分前から「老人ホームの職員が入所者を虐待して…!」ですとか、「老人ホームの職員の働く環境は劣悪すぎる…!」「入所者家族にも老人ホーム職員のギスギス感は伝わっている…!」「労働環境の悪さが伝わる…!」などといったニュースもありますよね。私も何度かそのようなニュースを耳にしたことがありますので祖母を老人ホームに入所させるにあたって、そこは非常に気になりました。



ですから、家族ともぞも「老人ホームはやっぱり自分たちの目でみてから入所を決めなくてはね」と、思っていたのですが、ざい老人ホーム見学に行きますと、たいしたことはなかったです。もちろんいい意味で言っています。私たちは悪い方のイメージをもって、老人ホーム見学に行ったのですが、予想外に良い雰囲気だったのですから。



それに、実際に今、祖母が老人ホームに入所しているのですが、割り合い面会に出かけていますが、べつにイヤな雰囲気は感じないのですよね。どこが病院的なニオイや雰囲気は感じますけれど、それは良い意味でのニオイや雰囲気ですし。つまりは、ケアも行き届いている印象ですし、職人の方も朗らかでギスギスしている空気もないですからね。


もちろん、全部の施設が全部そうだとは言えませんが、少なくとも祖母の老人ホームに関しては、悪いところではなさそうで、非常に安心しています。

老人ホーム、という言葉がもつのはどんなイメージでしょうか。姥捨て山でしょうか。終の棲家でしょうか。それとも、薄暗く薬臭い、病院に似た施設でしょうか。

たしかに昔は「老人ホーム」といえばあまり良い意味を持つ言葉ではなかったように思います。老人ホームに親を入所させると親戚から「親を捨てるのか」と非難を受けたりしたものです。かつて老親は子がみて当然、介護は家族で行い、最後まで自分の家で過ごすことが当然であり自然とされてきたからです。



しかし、現代では事情がまるで違います。少子高齢化にともない、介護が必要な高齢者は激増しているのに介護を担う若者は減る一方です。平均寿命が延び、重度の認知症患者が増えて社会問題になっています。そのうえ、これまで介護の担い手であった専業主婦の減少も忘れてはいけません。高齢者が高齢者を介護する老老介護、認知症の高齢者がさらに重度の認知症患者を介護する認認介護など、在宅介護の現実は悲惨なものです。在宅介護が自然で当然の時代は、もう終わったのです。。



では現代の老人ホーム箕面はどういう状態でしょうか。特別養護老人ホームや有料老人ホームなどいろいろな種類の施設ができています。昔に比べてずっと綺麗になり、施設内も明るくなり、季節にあわせた行事を行うなど暮らしやすく工夫されています。姥捨て山と呼ばれたのは過去の話だといえるでしょう。



しかし問題があります。施設の数が、高齢者の増加に間に合わなくなっているのです。介護業界は深刻な人手不足にあえいでいます。ハードもソフトも足りない現在、老人ホーム箕面は介護問題の象徴ともいえるでしょう。


多くの老人ホームは、施設の設備やスタッフの対応などが高く評価されてきているのではないかと考えられています。

実際に入所している高齢者やその家族から、概ね高い水準の評価が多数寄せられる老人ホームが多く見受けられるようになってきており、関心が様々なところから抱かれる契機にもなっているのではないでしょうか。積極的に老人ホームが様々な取り組みを展開しながら、評価を獲得することにも繋げようとする動きも生じてきていることから、現在では多くの良い内容の評価が集まることが実現されていると言えるのではないかと思います。



このような傾向は大阪・箕面だけでなく全国規模で見受けられるものとなってきつつあります。老人ホームの数自体が年々増加の傾向にある中、このような動向が活発になっていくことは老人ホームにとっては良いものとして認識されていくものとみられています。



今後も同様の傾向が継続していくことが予測されるようになってきており、実際に大阪箕面の老人ホームの施設を利用する人からは特に良い評価が数多く寄せられていくのではないかと思います。新規に箕面の老人ホームを利用したいと希望する人たちの判断材料にもなっていくとみられており、注目されるのではないかと考えられています。



我が国は年々お年寄りの人口が増えて、若い人の人口が減りつつあります。。本来ならお年寄りの人口が増えるのならば、若い人の人口も増えなければいけません。ですから我が国の人口の比率は、お年寄りに傾いてしまっているのです。



お年寄りの人口が増えること自体は何も問題はありません。。ですが若い人の人口が減る事は、問題が大ありなのです。お年寄りと言うのは、様々な面で若い人に支えられています。

お年寄りが受け取っている年金にしても、若い人が払ってる年金保険料によって支えられているのです。。またお年寄りは体の自由がきかない事が多いので、若い人の助けを必要とする事が多いです。
この様にお年寄りと言うのは、若い人の支えなしには生きることができません。

ですから我が国の様なお年寄りの人口が増えて、若い人の人口が減る状態と言うのは正していかなくていけないのです。

今は未婚化や少子化によって、大阪の箕面の老人ホームで余生を過ごすお年寄りが増えようとしています。

このような状況は今後ますます増す事になりそうですから、人手もお金も掛かる事になります。しかし若い人が減っている今、老人ホームで暮らすお年寄りに掛けられる人手やお金は限られてきます。。

このまま少子化が進めば老人ホームの運営も危うくなる恐れがあり、お年寄りの行き場がなくなる可能性もあるのです。


お部屋のカーペットを購入するなら激安家具・インテリア家具・カーペット通販の「エンジョイホーム」で購入しましょう!安くて品揃えがいいのでオススメですよ。

おすすめの記事

祖母の老人ホームの印象

大分前から「老人ホームの職員が入所者を虐待して…!」ですとか、「老人ホームの職員の働く環境は劣悪すぎる…!」「入所者家族にも老…

老人ホームの選び方

最近は特徴のある老人ホームが増えています。よりよい老後の生活を送れるようにと、料理もありきたりのものではなく、経験の豊富な料理人が腕によりをかけた献立を一…

老人ホームへ出たり入ったり…

祖母が老人ホームに入所してから、もう1年ぐらい経つのですが、不満点をあげるとすれば、やっぱり出たり入ったりしなくてはいけないところですね。祖母の入所してい…

最新記事一覧

TOP